Skip to content

事業主はなぜローンはなぜ融資を受けにくいの?

一般的にカードローンやキャッシングでは、安定した収入があることを条件に貸し付けを行っています。そこで言われているのが、会社員など雇われている人のほうが借りやすいというものです。原則として、毎月決まった金額を受け取っている人のほうが、リストラなどよほどのことがなければ仕事がなくなるということがないからと判断されるからです。


-個人事業主ローンがある会社が増えている-

過去、消費者金融では収入証明書の提出が必要など条件は、事業主がローンの審査を受けるときは厳しいといわれてきました。そこで登場したのが個人事業主ローンです。自営業の人の専用に行っているもので、アコムやモビットなどが積極的にこのサービスを行っているそうです。貸金業法では、個人で借りるお金が年収の3分の1までという制限はありますが、事業主ローンは、事業性資金となることから規制から外されている融資です。


-今後も増えると言われるローン-

現在、会社などに勤めるのではなくある程度のキャリアを積んで、フリーランスとして活躍する人も増えていると言われています。そのため、この事業主ローンは今後、増えていく可能性の高いローンだと言われているそうです。一般的なカードローンのように保証人などの必要はないので気軽に利用できます。