Skip to content

事業主ローンと証明問題

事業主ローンと通常のカードローンで最も顕著に違うのは、収入証明の手順になります。通常のカードローンであれば、大抵の場合は本人確認書類と源泉徴収や給与明細といった収入を証明する書類が必要になります。中には金額によっては収入証明が不要の商品も存在しますが、この収入証明が事業主の方では通常のカードローンを利用する上でネックとなります。


事業主ローンの収入証明

事業主の方がローンを利用する事は不可能ではなく、安定した収入があれば実際にカードローンを利用して融資を受ける事が可能です。ただ通常の正社員の方と比べてやや審査が厳しい傾向にはあるようです。事業主の方がローンを利用する場合では特に法的効力のある給与明細や源泉徴収などが無い場合、市役所などでもらえる「納税証明書」を代わりに提出する事になります。


融資可能額の増減に注意

事業主ローンでは何らかの収入を証明する書類を一度きりではなく定期的に提出する必要があります。何よりその額によって借り入れる事ができる金額の上限も定期的に上下するのが事業主ローンで気をつけなくてはならない点です。例えば契約時より収入が減っている場合は当然借り入れる事ができる額の上限も下がる事があります。また限度額が下がる事を見越しての借入は可能ですが、あくまで返済できる範囲での利用を心がけましょう。